これからケアが当たり前になるかも!VIO脱毛

VIO脱毛というのは、いわゆるアンダーヘアの脱毛をさします。VIOはそれぞれ脱毛箇所の形を指したもので、Vはビキニライン、Iは陰部、Oは肛門周りです。

海外ではアンダーヘアを綺麗に処理している人が多く、「ハイジニーナ」と呼ばれます。日本では「パイパン」なんて表現もありますね。

アンダーヘアの処理というと、一昔前までは特殊な職業についている人だけが施している印象があったのであまり気軽に話題に出来るものでは有りませんでしたが、クリニックやサロンがVIO脱毛を宣伝する様になった事で、アンダーヘアを処理する事が手足の脱毛と同じくらいに自然になってきました。

脇の脱毛やVIOラインの永久脱毛をしている方たちの意見を聞いてみると「恥ずかしいのは最初だけ」という意見がほとんどでした。確かに普段から他人に見られるような部分ではないので見られるのが恥ずかしいと感じるのは当たり前です。しかし、何度も繰り返し施術を受けていれば特に恥ずかしい気持ちはなくなった、という人がほとんどです。脱毛クリニック側もその辺りにはきちんと配慮していて、女性スタッフだけで運営している、施術を行うのは絶対に女性医師、というところも増えています。
参考:永久脱毛を受けるのが恥ずかしい?ムダ毛が生えている方が恥ずかしいかも?

脱毛方法は、クリニックで行う医療レーザー、サロンのフラッシュ脱毛の他に、ブラジリアンワックスなどが主流のようです。デリケートな部分なので、他に比べて痛みは相当なものがありますし、何より最初は恥ずかしいかも知れませんが、そこは施術してくれるスタッフは慣れていますかし、無駄毛がなくなる事で清潔を保てる、蒸れなくてよい、水着を着る時アンダーヘアを気にしなくて良いなど利点も多いです。

もしかしたら今後日本でもハイジニーナが当たり前になるかも知れませんね。


Leave a Reply

Your email address will not be published.